株式会社田村製畳

畳の手入れ方法

トップ > 畳の手入れ

納品時

から拭き
  • 染土(注)が残っている場合があります。当社ではお客様の手間をなるべく軽減する為に、クリーナー(回転ブラシ)を使用し除去しておりますが多少残っている場合は、乾いた布で数回から拭きしてください。
    (注)染土とは
    いぐさの刈り入れ時に日焼け防止・保湿のために青粘土を溶かした泥水につ けます。この作業により枯れずに色変わりすることなく、お客様に青々とした畳がお届けできるのです。
  • 畳表には、梱包時にできる畳ジワがある場合があります。決してキズではありませんので使用して頂くうちに自然に直ります。ご安心ください。 (クリーニング後のカッターシャツの折り目と同じ様なことですね)

▲ページトップ

日頃のお手入れ

掃除機かけ
  • 上敷きやカーペットはなるべく敷かないで下さい
    畳を大事にする気持ちは分かりますが、かえって畳を傷める原因になっている場合があります。上敷きを何年か敷いた後に例えば法事があるからそれをはがしてみたところ、シミが沢山あったり、畳の表面がガサガサになったりと、とても上敷きを外せない状態になっていることが多いのです。原因としては畳と上敷きの隙間にたまる細かい砂やホコリなどにより、畳とこすれているのです。また、お茶などの水物をこぼした時に上敷きの上は拭いても中の畳までしみ込んでしまうので、シミになります。このような状態ではカビやダニの温床になり、健康に良くありません。もし上敷き等を敷くのであれば時々はがして中の畳もお手入れして下さい。
  • 末永くお使いいただくために
    から拭き 風通しを良くしてください。特に梅雨時期はカビの発生の可能性がありますので、畳の角を少し持ち上げ、缶などですきまをつくり床下と畳の間に風をいれて頂くと良いと思います。
  • から拭きが基本です
    濡れた布で拭いたり、洗剤を利用したりすると傷みの原因になります。なるべく から拭きでお掃除しましょう。

▲ページトップ

こんな時には

  • カビが発生
    原因 畳表が湿気を過剰に含み空気中に浮遊しているカビ胞子が付着して発生します。特に梅雨~夏にかけて 湿度・気温ともに高い時期に多く発生します。
    パンにカビが生えるのと同じですね。
    対処 室内の換気をまめにして、エアコン・除湿機で湿気を低くする。加湿器・石油ストーブ・生け花・観葉植物・水槽も湿度を高くしますので注意!
    カビが発生してしまったら乾拭きかアルコールで拭き取り、掃除機で畳の目に 沿って吸い取り十分部屋の湿度を低くしてください。
  • 虫がでた
    原因 温度が高く(2~30度)、湿度も高い(6~80度)高温多湿が繁殖しやすい条件です。畳のスキマや下に溜まってくるホコリがエサになり、集まります。
    対処 掃除をマメにし、部屋の換気をマメに行う。 カビの発生を抑え 市販の殺虫剤を散布すればほとんどの虫は退治できます。しかし、シロアリは木材に侵食してから畳にも侵食してきますので畳店・業者に任すのがいいでしょう。
    ※「畳からでてきた」と、たまにききます。色々調査した結果この頃のシロアリは土中からでてきたら木に侵食せずにまず柔らかくて食べやすい畳にくるようです。
  • 家具の跡を消したい
    凹んだところに適度に霧吹きして、ぬれタオルをあてアイロンをかけます。
  • 灯油・おしっこをこぼしたら
    粉末の洗剤・クレンザー・塩・小麦粉などをすぐにふりかけ、充分に液体を吸い取らせてください。その後掃除機で処理し、かたくしぼった布で何度もふきましょう。
    完全に元通りにはなりません、応急処置としてお考えください。

▲ページトップ

Supported by CyNet

トップページ

商品紹介

畳が出来るまで

畳の効能

畳の手入れ方法

会社概要

お問い合わせ

工場風景